DV(地域によっても発生する割合が畭なるそうです)ときくと、暴力をふるわれるイメージが強いなのです。でも、暴力に限らず、言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)で人格を否定するようなことを言われ続けたりするケースも含まれます。それに、外出や友人との付き合いなどを制限されるような場合も、精神的暴力としてDV(加害者の傾向として、発達障害などの精神障害があることも多いでしょう)だと言えると思います。世間体や子供の将来のことなどを考えて、被害にあっていてもなかなか誰にも相談出来ず、悩んでいる被害者のほうが多くいらっしゃるのでしょうね。しかし、あまりにもひどい被害を受けた場合、最終的には離婚(一度成立した婚姻を解消することです)を決断行う方 も中にはいらっしゃるでしょう。では、離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)するにあたって慰謝料はどうなるのでしょう?離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)をする場合、その離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)が不倫であったりした場合も同じになるのですが、それにより受けた苦痛分の慰謝料を請求する事ができます。DV(地域によっても発生する割合が畭なるそうです)が原因であれば、DVを受けた事により受けた精神的苦痛の度合いにより慰謝料を請求する事が可能なんです。さらに、DV(アメリカでは1日に11人の女性がDVが原因で亡くなっているのだとか)被害であれね、これまでに受けた暴力の回数・どういった期間暴力をふるわれ継続しているのか・暴力をふるわれたことによる怪我や後遺症の程度などで離婚の慰謝料が決まってくるでしょう。DV(アメリカでは男性用のシェルターもあるそうです)が要因で慰謝料を請求した場合、相場としては少し開きがありますが、約50万円〜500万円となっています。もし、離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)を考え始めたのであれば、暴力をふるわれて出来た傷や怪我の証拠(疑わしきは?せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)を残し、お医者さんに診断書(患者からの依頼があった場合、正当な理由がなけれね断れないことになっています)を書いて貰うといいですね。加害者が暴れて部屋が散乱したりするのなら、写真(ブログに載せるために、デジカメや携帯で撮影する人が多いですね)にのこしておくのも効果的な方法の一つです。慰謝料を払ってもらうためには、何よりも証拠(疑わしきは?せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)を残す事が必要になりますー